興信所東北|近隣住民からのいやがらせ|ご近所トラブル解決法|集団いじめ|いやがらせ被害対策|専門家相談

近隣住民からの集団いやがらせやいじめ被害

 

人が集団で生活している場所には必ずと言っていいほど「いじめ問題」「いやがらせ」が存在しているといっても過言ではないでしょう。ある日突然、ご近所さんに挨拶しても無視をされる、悪い噂を流されたり早くこの町から出ていけと言われた、など大人になってからも悪質ないじめは存在するのです。いじめや嫌がらせをしている本人たちは、その自覚がないかも知れませんが、受け手は精神的な苦痛から日常生活に支障をきたすほど心に傷を負ってしまうこともあるのです。ちょっとした勘違いからトラブルが生まれ、ご近所との人間関係が悪化し、集団でのいじめ問題に発展するといった事案は少なくありません。自分で対処できる問題であれば良いですが、その度合いや内容などによっては対処が出来ず悩んでいるうちに生活に影響が出てしまうこともあります。自分では対処困難だと感じたら専門家に相談してみることをお勧めします。

 

 

問題解決は専門家への相談から始まります

 

 

 

近隣住民からのいやがらせ被害

いやがらせ調査の基礎知識

 

いやがらせ調査の基礎知識


  • 意味詳細|いやがらせ調査とは、行為の実態確認や被害証拠の収集、相手の特定等を行う調査です。
  • 依頼目的|いやがらせ行為を止めさせるための対策。被害に対する損害賠償など。
  • 調査手法|実態確認のための尾行・張り込み。被害証拠を収集するための撮影等。
  • 料金費用|調査期間(日数や時間数)によって変動。いやがらせ規模によっても変わる。相場15万~。
  • 注意事項|実態確認は秘密裏に行わわれるため周囲に悟られないよう依頼人も協力が必要。

 

いやがらせ被害にあったら


いやがらせ行為は、さまざまな種類があり被害も人によってそれぞれです。いやがらせを受けていると感じたときは我慢したり、そのうち無くなるだろうと放置せずに周囲の人や警察、専門家に相談することをお勧めします。また自分で解決しようとして相手と向き合ってしまうことで逆上されたりすることもあるので十分にご注意ください。

 

 

 

解決の道は専門家への相談から

 

 

いやがらせ被害対策調査の料金費用

 

いやがらせ調査料金項目


  • 基本料金|いやがらせ調査の基本となる料金(日数や時間数による設定料金)。
  • 予備調査|本調査前に行われる事前調査や調査企画、準備などにかかる費用(一律料金が多い2万円程度)
  • 延長料金|基本調査を延長して行う場合に発生する料金(延長有無は状況に応じ任意で依頼が出来る)
  • 調査経費|調査期間中にかかる諸経費(交通費や燃料費など)
  • 成功報酬|証拠収集調査で、収集成功の定義を事前に決めたうえで依頼した場合の成功時の報酬。

 

いやがらせ調査料金相場


  • 1日間調査|実態調査(証拠収集・人物特定・その他情報収集)5時間単位の場合5万円~。
  • 5日間調査|実態調査(証拠収集・人物特定・その他情報収集)5時間単位の場合20万円~。
  • 2週間調査|実態調査(証拠収集・人物特定・その他情報収集)5時間単位の場合40万円~。
  • 1カ月調査|実態調査(証拠収集・人物特定・その他情報収集)5時間単位の場合70万円~。
  • ※成功報酬|証拠収集につき30万円程度が相場(事案によって定義が変わるため事前に確認を)

 

費用対効果の高いいやがらせ調査とは


費用対効果の高い調査を行うためには、ご依頼人のご協力が必要不可欠です。調査、問題解決のすべてを専門家に任せるのではなく依頼人自身も調査企画に参加していただいたり、自身で収集できる情報を集めていただくなど問題解決に向け双方で協力していくことで費用対効果の高い調査が可能になります。

 

 

いやがらせ被害対策調査の種類

 

いやがらせの種類


  • 種類1|自宅や車などにいやがらせ行為(破損など)を受けている。
  • 種類2|つきまといや暴言、直接的ないやがらせ行為や迷惑行為。
  • 種類3|他人を介してのいやがらせ行為(風評被害、噂など)を受けている。

 

被害対策調査依頼の事例


  • 依頼事例1|自宅の敷地内にゴミを投げ入れたり、建物を汚されたり壊されたりして困っている。
  • 依頼事例2|自宅駐車場内で車にいたずらをされたり、タイヤをパンクさせられたりの被害がある。
  • 依頼事例3|近隣住人から暴言を言われたり毎日、身の危険を感じるようなことを言われたりする。
  • 依頼事例4|周囲に自分や自分の家族の悪評や悪口を言い回り、生活しにくい状況になっている。
  • 依頼事例5|ネットの掲示板やブログ・SNS内でいやがらせ行為を受けている。

 

被害対策は実態調査から始めましょう


いやがらせ問題を解決するためには、まず実態調査(事実関係の把握)から始める必要があります。実際にいやがらせを受けているという事実確認をしたら被害の証拠を収集することができます。ここまでの状況証拠が集まれば解決へ向けた対処・対策が可能になるとお考え下さい。いやがらせの被害対策は、実態調査→証拠収集→解決への対策となります。

 

 

いやがらせ相談と依頼方法

 

いやがらせ被害の相談内容


  • 相談1|今受けているいやがらせ行為の内容や被害状況について解決可能かを確認する。
  • 相談2|いやがらせ行為を受けているが証拠が無い場合は、証拠収集調査についての説明を受ける。
  • 相談3|いやがらせ調査の期間、料金など費用面の詳細を確認する。
  • 相談4|調査によって収集した証拠や情報をもとに解決に向けた対策を講じる。
  • 相談5|自分で解決が困難である場合は、警察・専門家に解決を委ねる方法を選択する。

 

 

対策調査の依頼方法


  • 手順1|対策室の無料相談電話・メールなどを利用し被害状況を詳しく説明しましょう。
  • 手順2|いやがらせに対する実態調査を行う場合は、調査の方法に関する説明を受けましょう。
  • 手順3|解決に向けた調査・対策が決まったら調査事務所にて依頼申し込みが可能になります。
  • 手順4|申し込み後は、調査に向けた企画・準備を行いましょう。依頼人の協力が必要です。
  • 手順5|調査中は常に報告が受けられように連絡がつく状況に居てください。

 

対策調査依頼に必要なものとは


いやがらせ被害対策、調査には被害にあうまでの経緯が分かる状況説明が必ず必要です。また心当たりやいやがらせを受けている理由なども推測でもかまわないのでご準備ください。その他、被害に関連する情報は些細なことでもお聞かせいただくことで解決に繋がります。

 

 

被害対策調査と専門家による解決

 

被害対策調査の注意点


  • 注意1|いやがらせ被害にあっているときは我慢したり放置すると問題が悪化することがあります。
  • 注意2|いやがらせ対策調査を依頼するときは被害状況をできるだけ詳しくお聞かせください。
  • 注意3|いやがらせ対策調査を依頼するときは調査していることを周囲に漏らさぬようご注意ください。
  • 注意4|被害証拠の収集ができたら自分で解決しようとせず必ず専門家に解決を委ねるようにしましょう。
  • 注意5|いやがらせ被害が解決したらその後は予防策について考える必要があります。

 

被害対策調査と専門家の利用


  • 注意1|いやがらせ被害の対策は出来るだけ専門家に依頼することが大切です。
  • 注意2|自分で解決しようと相手と向き合ってしまうことで事態が悪化することがあるのでご注意ください。
  • 注意3|解決を専門家に依頼するときは、事件性の高い事案は必ず警察署へご相談ください。
  • 注意4|民事上で解決しようとお考えの場合は、法律事務所・弁護士に解決を委ねましょう。
  • 注意5|被害対策を専門家依頼するときは、解決にかける予算や手法は自分に見合ったものを選びましょう。

 

1日も早く元の生活に戻れるように


いやがらせ被害を受けているときは、ひとりで悩まずに必ず家族や周囲の人・警察・専門家に相談してください。自分だけで解決しようとすると事態が悪化し深刻な状況を招くこともあります。また、いやがらせの被害を受けていることで精神的にも影響が出ることがありますから、できるだけ早く解決することで1日も早く元の生活に戻れるよう対策をとることが重要です。

 

 

調査士会は多くの弁護士に推奨される優良調査機関です

 

興信所東北のご案内
興信所東北相談センターでは、東北地区(北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島)でのご相談を24時間いつでもお受けしております。困りごと、悩みごとはひとりで抱え込まずに経験豊富な相談員にお聞かせください。きっと良い解決方法が見つかるはずです。

  • 報告書閲覧
  • メールでのお問い合わせは希望の方はこちら
  • お問い合わせはあなたの街の興信所へ
  • はじめての興信所ガイド

興信所24H相談見積り興信所相談・見積りはすべて無料です

  • ※ 送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心下さい
お名前(偽名でも可)
お住まい地域
電話番号(固定または携帯)
メールアドレス(必須)

※ 携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

お調べになりたい事柄
現時点の情報
その他質問・要望
希望予算
円くらい

関連ページこの記事と関連する記事

pagetopへ
HOME > 新着 > 興信所東北|近隣住民からのいやがらせ|ご近所トラブル解決法|集団いじめ|いやがらせ被害対策|専門家相談
興信所東北無料相談

東北無料相談 0120-773-336

webからの相談はこちら